テラーウォッチ美術館

大人になり益々その魅力にはまる世界各国にある芸術の美術館は海外旅行へ行く際には必ず訪れるようにしましょう!

大人の感性だからこそ美術を学ぶ価値がある!

「美術」と聞けば敷居が高い印象を持つ人が多いのかもしれません。
学生時代には成績が良くなかった人もいるでしょう。
「ピカソなんて全然理解できない」自分にはセンスがないのかと思うかもしれません。
どちらかというとネガティブ思考があると思います。
美術はいろいろ
彫刻や絵画は当然美術ですが、それだけではありません。

街にある看板も美術です。

ポスターも美術なのです。

そう考えれば多少は身近なものに感じられると思います。

美術はデザインされていればいいの?
そのとおりなんです。

自動車・椅子・コーヒーカープも立派な美術なのです。
美術は見て頂く人に<ある印象>を伝えるためのもの!
デザイナー・画家・彫刻家が厳選した線・色白・立体・面・印影の集合体が美術です。
伝えるのは<ある印象>です。
その印象には理解しやすいものもあるし、そうでもないものもあります。

また伝えたいテーマは複数の場合もあります。
美術はそれを見る人と作者のパターンによって無限の評価があって然りです。
なぜならば良い印象も悪い印象もあるからです。

今回とりあげる美術館は絵画がを中心としたものと工業製品を中心とした美術館です。

みなさまが美術に無縁の生活ならば、まずは好きか嫌いかでスタートしてみればいいでしょう。

多くの美術作品を見ると、新しい発見があったりします。

見落としていたものが見えたりするのが美術のワクワクするところですので、理屈など考えずにストレートに美術を楽しむことが大切です。